スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

あなたは誰かの大切な人

20111020.png



最愛の人を目の前で亡くした女性ライダーの記録です。


人間すべてに平等にやってくる「死」
しかし、その「死」を目の前で経験した彼女は想像以上のストレスを抱えているはずです。
私は彼女を抱きしめてあげる事も、一緒に泣いてあげる事もできません。
出来るのは、彼女が勇気をだして書いてくれたこの日記を多くの人に読んでもらう事です。
そして、皆さんにお願いがあります。

どうか、安全について考えてください。

バイクは危険な乗り物です。
転けただけで、大怪我をする危険な乗り物です。
どんなに気をつけて走行していても、他者がきっかけで事故に発展することもあります。


これを読んでいるあなたは、誰かの大切な人だという事を忘れないでください。
家族、恋人、友人、会社の人、取引先の人
バイク仲間、休憩先でよく見かけるライダーさん。
ブログで知り合った人。

あなたが死ぬと悲しむ人がたくさんいます。
どうか、その事を忘れないでください。






Ninja250*:Record:*






最近、バイク事故で亡くなった方が続いたので
このような記事を掲載させて頂きました。

バイクに乗って走る時は、「安全」も一緒に乗せてください。
「買える安全は買った方が良い。」誰かの言葉ですが、
装備をあらためて考えたり、安全確認を今以上にしっかりするのも良いと思います。
動揺してしまって、上手く言葉がまとまっていないかもしれません。
すみません。

心からお悔やみ申しあげます。


関連記事
[ 2011/10/20 15:06 ] 日記 | TB(0) | CM(26)
twitterで頂いた言葉。
二輪車は危険。超危険。だから乗ってる人は「今時分は好き好んで危険なことしてる」って意識は忘れちゃダメよね。

私の言いたかった事が簡潔にまとまっていたので
言葉を借りました。ありがとうございます。
[ 2011/10/20 15:34 ] [ 編集 ]
こちらのリンクから、ブログの記事を読みました。
本当に悲しくて、涙が出ました。
もっと気を引き締めないと、そう思いました。

チビッコさんのブログはいつも読ませて頂いてます。
楽しい記事がたくさんあり、楽しい気持ちになることができて、いつも感謝しています。

今回の記事では、本当に「安全について」再考するきっかけとなりました。
お礼というのもおかしいかもしれませんが、ありがとうございました。
[ 2011/10/20 21:15 ] [ 編集 ]
同じく読んでゾッとしました。

誰もが自動車は危険なものと認識している。
でも死ぬことまでは誰も考えていない。

飛ばしているとき『こけたら酷い怪我をするだろうな』と想像は出来ても、
『死』からは目をそむけている自分がいます。

ただ実際、死に直面した人間以外は死を直視することは出来ない。
おそらくこの記事を読んでも自分は明日、変わらずバイクで通勤する。
相変わらず『死』からは目をそむけると思う。

愚かだな、と思うけどそれが現実。

もっと自分の欲求を抑え、時と場所を選べばリスクは減らせる。
そのリスクをお金をかけてもっと小さくする。
そこまで出来なければ本来乗ってはいけない乗り物なんでしょうね。

出来る限り感情をコントロールし運転します。
あとこの記事を読んだ瞬間のゾッとした感情も忘れずに持って行こうと思います。
[ 2011/10/20 21:39 ] [ 編集 ]
危険だけど楽しい、楽しいけど危険。
チビッコさんこんばんは。

久しぶりにコメントさせていただきますね。

まずは、亡くなられたライダーの方へ心からお悔やみ申し上げます。

私は結婚する少し前から本格的にバイクに乗る様になりました、
結婚後、子供も生まれ、
バイクから離れようと思っていた時期がありましたが、
嫁さんの後押しでバイクに乗り続ける事を決めました、
その時の嫁さんとの約束が、

必ず無事に帰って来る事、でした、

それ以来、走りに行く際は、
どんなに短い距離でも、きちんと装備をし、
自分の出来る範囲内での走行を心掛け、
決して無理な走行をしない様にしています、
ほんの一瞬の判断ミスで家族に会えなくなるような事にはなりたくありませんし、
大切な家族を悲しませたくありません。

バイク危険な乗り物ですが、
とても楽しい乗り物でもあります、
公道上と言う以上、絶対に事故にあわないと言う事はありませんが、
少なくとも、自分から事故を起こさない様に心掛け、
トコトコマイペースでバイクを楽しんでいきたいです。
[ 2011/10/20 21:55 ] [ 編集 ]
改めてバイクが楽しいだけじゃなく死と隣り合わせの危険な乗り物と考えさせられました。
みなさま気をつけて楽しいバイクライフを。
[ 2011/10/20 22:07 ] [ 編集 ]
娘も乗っているのでなんとも…(今は産休ライダー)
高校2年の時に、同じバイト先で違うレーシングチームの友人を目の前で無くしたことがあります。大型トラックの下敷きになり遺体の損傷が著しかった為に位牌と写真だけが葬儀に出されていたのを今でも鮮明に思い出します。事故と安全ってのは本当に無限ループに感じます。例えばいつもの道でいつもの時間同じように通勤していても隣にいるクルマやバイクは一緒ですか?天気は晴れ?雨?その中から常に重要な情報をつかんで対処しなければいけない。また近隣を運転しているドライバーやライダーに対しても気を配らなければ「自分だけ」という訳にはいきません。運転手として、また建築設備やってるんで「安全」ってすごく険しい課題です。
[ 2011/10/20 23:07 ] [ 編集 ]
重装備でも堂々と・・・・
ツーリングにいくと自分だけ安全装備がすごいことになってます。
ひざ・ひじ・胸部・背中のプロテクター・・・。
途中で食事に行くと上着を脱いだ時目立ちますが、(少し恥ずかしい)
命には代えられない、と思ってつけてます。
あとはエアバックかな。

追伸 天神IMS、さっそく行ってきました。
投票後にもらえるブックカバー、本当は選べないそうですが
堂々とチビッコさんのを選んでもらってきました。
カワイイデザインでいいですね。
[ 2011/10/21 07:43 ] [ 編集 ]
僕の行きつけのショップでね、オーナーさんがこんなこと言ってた。

「危ないのは、バイクじゃなく運転する人です。運転の仕方でどうにでもなります。」

僕もそう思ってます。

ただ、バイクはクルマよりはるかにリスクが大きい。
加害も被害も含めて、常に頭の片隅に事故防止を置いておくべきだと思います。

息子もバイクに乗っているのでいつも言ってます。
「違反なら構わん。点数と金持ってかれるだけで済む。だけど事故だけは起こすな。自爆もダメ。痛いのは自分なんて考えがあるんならバイク辞めろ。」って。
[ 2011/10/21 08:20 ] [ 編集 ]
私も彼女がいますし、バイクも車も乗ります。
どこかで見た言葉なんですが、「どんなに直線で速く走れようが、どんなにカーブで減速せずに走れようが、どんなに安全に走っていると思っていようが、そんなのは安全ではない。一番安全に運転出来ている奴は無事故・無傷でヒヤッともすることなく笑顔で「ただいま」って言える奴が安全運転をしている。」です。

それと、私が親から言われていることを彼女にも、「迷ったら止まれ。」って言ってます。

[ 2011/10/21 16:59 ] [ 編集 ]
そのとおり
実は私もお盆に車に突っ込まれ肋骨を二本折りました。
彼と一番遠くに行ったツーリングでした。国道を走っていて民家から飛び出して来た車に突っ込まれました。

せっかくのツーリングは台無し。彼は泣いてしまい、命に別状はなく幸いでしたが、本当に事故は悲惨です。私の過失はなく解決はしています。それからバイクを諦めようとは思いませんでいた。今まで以上に安全に気を付けようと思います。私のバイクは未だに入院中です。

今年は自分も、そして悲惨なバイク事故を目撃してしまいました。
トレーラーを左から追い越しバランスを崩し轢かれ即死の事故でした。

皆さん本当に気をつけてください。
自分たちが安全に運転していてももらい事故もあります。
いつどうなるかわからない、だけどバイクには乗りたい。
心に余裕のある運転を。グッドライダーでいてください。
[ 2011/10/21 17:48 ] [ 編集 ]
安全運転 遅くったっいいじゃないか ( ´△`)
[ 2011/10/21 19:55 ] [ 編集 ]
考えさせられました。
ご無沙汰してます。スパです。
今回のこの記事を拝見させていただいて、危険と隣り合わせだとゆうことを再認識させられました。
自分のなかでは危険を意識しているつもりでもそれがいつの間にか薄れてしまっている自分がいることを気づかされました。
事故にあわれてしまった方のご冥福をお祈りいたします。
そして彼を失ってしまったバイクのり仲間の女性とその仲間のみなさん、そしてご家族の皆さんが一日も早く平穏な日をむかえられますように。
下手な文章で失礼しました。
[ 2011/10/21 23:04 ] [ 編集 ]
日記、読んできました
コメント出来ませんでした
どんな、言葉も
今の彼女には届かない気がして・・・
今一度、考えさせられます
最大の安全は、動かないこと
動くということ自体、危険なんです
でも、それでは、何もできない
何かするために動く・・・
彼女にも、今一度動いてほしいです
[ 2011/10/21 23:36 ] [ 編集 ]
素直と蒼天の為に
ちびっこさんの記事、リンク先の記事を読んで、改めて安全運転について考えさせられました。
私は先週、糖尿病で入院してました。たった3日間でしたが、
素直と蒼天のゲージや水飲み場は荒れ放題、世話は頼んでいましたが、
ここまで酷くなっているとは思っても、見ませんでした。
つまり、素直と蒼天は私が居ないと、駄目だという事。

安全運転を心がけて無事に帰って来ようと、改めてココに誓います!
[ 2011/10/21 23:54 ] [ 編集 ]
同感です。。。
はじめまして。文章を見てこの人の強さを感じました。私は前に向けないと思いました。
私自身、以前から装備には気を使っています。そして、流しながらも家族や周りの人の顔が浮かんできます。人生かけて走るくらいの気持ちは最低条件だと思います。

初めてのコメントがこの記事でよかった。
[ 2011/10/22 22:34 ] [ 編集 ]
マルコ・シモンチェリも数日前に事故で他界しましたね
Moto GPに参戦していたマルコ・シモンチェリも
数日前に行われたMoto GP 第17戦 決勝で事故に遭い、
亡くなってしまいましたね。
コーナー終わりの立ち上がりで、バイクが立たなくて、
斜めになったまま、後続車に追突されました。
Youtubeでみることができます。

バイクは危険な乗り物ということを、
肝に銘じて安全運転を心がけます!!
[ 2011/10/25 21:45 ] [ 編集 ]
リンク先の記事も読みました。読み進めるのは辛くて悲しくて仕方なかったです。
でも、しっかり何度も読み返しました。
大切な人を悲しませないこと、大切な人を置いて行かないこと、
この二点をしっかりと心に止めました。
最後に、その女性ライダーの方と、彼のご家族にお悔やみを申し上げるとともに、
この気持ちの良い季節を、これから全てのライダーが笑顔で過ごせるように、お祈り致します。
[ 2011/10/27 10:32 ] [ 編集 ]
・・・・
はじめまして

うまくコメントできませんが・・・

彼女には、前をむいて歩きだして欲しいです。

彼女のブログで、再び安全運転について考える人が増えたハズですから。
二度と悲しむ人が増えないことを願います。

[ 2011/10/29 04:11 ] [ 編集 ]
はじめての投稿です
はじめまして。

ZZR400のK型に乗っています。
30歳の三人のパパをやっています。

普通自動二輪の免許を取得したのは、ほんの一年前です。

自分はレストアからバイク作りを始めて、試運転で出た所ものの五分で、トヨタのクラウンとぶつかりました(ーー;)

三ヶ月かけたのに、ものの五分で大破した時は、本当にせつなかったです。

バイクは本当に楽しい乗り物です。
その代わりに、危険な乗り物でもありますよね。

自分には守らなくてはならない家族がいますので、アクセル全開は事故以来できないですね(;´Д`A

今はバイクも復活して、楽しく乗っていますが、あの事故を忘れないように常に安全運転を心がけて、息子とタンデムしています( ´ ▽ ` )ノ

チビっこさんのブログが超好きで楽しみにしてますから、お身体を大切にして下さいねo(^▽^)o

[ 2011/10/31 13:34 ] [ 編集 ]
バイクとは
遅く走るのが難しい乗り物だと思います
[ 2011/10/31 19:37 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/11/01 21:57 ] [ 編集 ]
今日という日はどんな日
自分は40過ぎの2人の子持ちで、2年半前に免許を取りバイクを楽しんでいます。
日々、口では「バイクは事故ったら死ぬね。寝たきりになるより、死ねば家のローンを払わなく済むからいいね」なんて言っています。が、現実は自分が思っているものではないでしょう。ライダー自身の行動で避けられるものなら避けるべき、避けるのは当然で、そのための努力は最大限払うべきと思います。
歌にありましたが「僕が生きる今日は、もっと生きたかった誰かの明日かもしれない」です。
最後になってすいません。亡くなった方のご冥福をお祈りするのと、彼女には時間がかかるともいますが是非バイクを嫌いにならないでほしいです。
[ 2011/11/01 21:59 ] [ 編集 ]
今日という日はどんな日
自分は40過ぎの2人の子持ちで、2年半前に免許を取りバイクを楽しんでいます。
日々、口では「バイクは事故ったら死ぬね。寝たきりになるより、死ねば家のローンを払わなく済むからいいね」なんて言っています。が、現実は自分が思っているものではないでしょう。ライダー自身の行動で避けられるものなら避けるべき、避けるのは当然で、そのための努力は最大限払うべきと思います。
歌にありましたが「僕が生きる今日は、もっと生きたかった誰かの明日かもしれない」です。
最後になってすいません。亡くなった方のご冥福をお祈りするのと、彼女には時間がかかるともいますが是非バイクを嫌いにならないでほしいです。
[ 2011/11/01 21:59 ] [ 編集 ]
安全運転とは何か?
ちびっこさんAndこのブログに来ている人は法定速度を必ず守っていますか?

交通法規はきちんと守っていますか?

わたしはアンチなんちゃってです。

たぶん、自分自身が単独事故以外で大きな事故を経験しないと

『安全運転とは何か』っていうのはわからないと思います。

自分だけ気をつけていればいいのですか?

つねに歩行者や自転車に乗っている人、自動車やトラックにバス。

それに、住宅街。

すべてに気を使って運転していますか?

>違反なら構わん

っていう意見がありました。

それってすでに安全ではないですよね?

違反=危険なのです。

バイク乗りはなんちゃってが多いんですよ。

自分だけよければいいみたいな感じ。

もっとよく安全とは何かを考えたほうがいいのでわ?
[ 2011/11/04 17:52 ] [ 編集 ]
ありがとうのお返事
たくさんのコメントありがとうございました。
「安全」について、いろいろ考えてもらいたくて、
この記事を書きました。
ほんの一瞬でも「安全」を考えて頂けただけでありがたいです。
バイクは常に悪者になりがちです。
誠実な運転は、誠実に受け止めてもらえます。
お互いにスマイルライドで楽しみましょう(^▽^)

[ 2011/11/04 23:05 ] [ 編集 ]
生と死の境
はじめまして、以前よりチビッコさんのブログを拝見させていただいておりました。

私、2011/07/14に大阪の某所にて追突事故を起こしました、前方不注意で前方に停車していた自動車右後方に40km/hでぶつかり、反動で対向車線に投げ出されました、対向車のバスに潜り込み骨盤骨折・左膝重度の打撲・左肩裂傷・右肩裂傷の全治4ヶ月の診断を受けました、幸い私以外に負傷者も死者もなく、こうしてまたいつもの生活に戻りましたが家族に心配をかけ、友人に心配をかけ、先方の方々にも大変なご迷惑をかけてしまいました。あの事故で第三者の犠牲者を出さずに済んだ事は不幸中の幸いでした。
生と死の境はほんの微かであることを痛感しました。

公道でどんなにスピードを出して速く走っても表彰されません、無事に帰ってくる人こそが上手なライダー・ドライバーであると認識しました。

現在は事故の教訓を生かし、スマートドライビングをモットーにリターンしております。


これからもブログにレース活動、公私に渡り頑張ってください。応援しております。

駄文失礼いたしました。
[ 2012/01/31 01:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ここにタイトルを記述
工事中(´・ω・`)工事中


ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。